beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫にきびと肝臓

にきびと肝臓の関係

にきびと肝臓の関係について


意外と意識されないにきびと肝臓の関係

皮脂やホルモンバランスなどはにきびの原因として大きく取り上げられていますが、肝臓もにきびの発生に関係しています。

肝臓は体内の毒素を減らす優れたフィルターのような役割を果たしています。ですので、肝臓が弱ってくると血液が汚れ、それがにきびを悪化させている可能性があるのです。

にきびの原因でもある肝臓の機能低下原因

肝臓の機能低下の原因は、お酒などのアルコールを含む飲み物や食べ物、油っこいものが原因であることが多く、また薬などの害による場合もあります。(にきびの抗生物質なども含む)

にきびと肝臓はどの位リンクしているのか

肝臓は一分間に数十リットルもの血液が通っているといわれています。もし、その肝臓が弱っていたら、体に大きな影響を与えるのは明白ですね。

肝臓に良い食べ物

にきびのためにも肝臓は大事にしたいものです。肝臓によいとされている食べ物はレモンなどの果物やブロッコリーなどの野菜が良いとされています。肉類、揚げ物などを控えめにして、これらを多く摂るようにすると肝臓にもにきびにもいいと思います。