beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫妊娠中ににきびは表れやすい?

妊娠中のにきび

妊娠中はにきびが出やすい?


妊娠中のにきび

妊娠中ににきびが出やすいと感じている方が結構いらっしゃるようです。

妊娠中ににきびが出やすい原因は、胎児が居る事によるホルモンバランスやストレス、そして食生活の変化などが挙げられます。ホルモンバランスは男性ホルモンが優位になるとにきびがでやすいので、にきびの対策をするのであれば納豆などの女性ホルモンを優位にさせる食べ物を取ると良いと思います。

また、妊娠中は肉や脂っこいものなどの摂取を控えめにするといいと思います。これは、にきび対策だけでなく胎児に影響が出る可能性があるからです。

また、妊娠中は食事の内容が変わる傾向があります。自然と嗜好が変わり、妙に辛いものが欲しくなったりと人によって様々なようです。

あまり刺激の強いものを食べ過ぎると、にきびと赤ちゃん両方に悪いですから、妊娠中は野菜や果物、豆類などの植物性のものを中心に摂るとにきび改善と赤ちゃんのためになると思います。

その他のにきびの原因 妊娠中のストレス

ストレスも男性ホルモンを優位に立たせ、にきびの原因となると言われています。あまり無理をせず、たまには家事を家族に任せたり睡眠を多く取ったりしてうまくストレスフリーな生活を送るとにきびの改善にもいいと思います。