beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫レーシックと合併症

レーシックと合併症

レーシック手術で起こる可能性のある合併症について


レーシックで発生する合併症の例

レーシック手術ではハロー、グレア現象、コントラスト判断力低下、フラップの剥がれ・ズレ、乱視、ドライアイ、細菌感染、夜盲症、刺激に対して敏感になるなどといったことが挙げられます。

レーシック合併症その1 ハロー現象とグレア現象

ハロー、グレアー現象といった合併症は、明るい光がやけに明るく感じられたりする現象です。レーシックは網膜をいじる手術法なので、手術後は通常とは少しだけ違うように見えるようになる可能性があるのです。

レーシック合併症その2 コントラスト判断力低下

これもハロー現象などと同じように、通常とは少し違うように物が見えるようになる合併症です。色の明暗の判断がつきにくくなる合併症です。特に暗闇でそのように感じる場合があるようです。

レーシック合併症その3フラップの剥がれ、ズレ

レーシック手術の際にはフラップというものを作成します。これがクリニックの技術などによってはずれたりシワがよったりする可能性があります。また、手術後に激しいスポーツ、特に格闘技などや自動車事故などに合うとこれが剥がれてしまう場合もります。

レーシック合併症その4 乱視

レーシック手術時には目にレーザーを照射します。最新の機器であれば照射部分を追跡する機能が付いているので、照射部分がずれることはありませんが、少し古い機器しかないクリニックなどでは追跡機能がついておらず照射部分がずれる可能性があります。

もしもずれてしまった場合は乱視などを引き起こす可能性があります。さらに、レーシック後の アフターケアの悪さによっても乱視などの合併症が起こる場合があります。これらの合併症を防ぐためにもクリニック選びは慎重にいきたいものです。

レーシック合併症その5 ドライアイ

レーシックではドライアイなどの合併症を引き起こす可能性も無いというわけではありません。ただ、きちんとしたクリニックであれば数ヶ月で治る人も多いようです。

レーシック合併症その6 細菌感染

レーシック手術直後の目は非常に抵抗力が低く、容易に細菌感染などの合併症を引き起こす可能性がありますので、しばらくの間はシャンプーやアイメイクすらも控えなければなりません。勿論、医者からの許可が出るまでは車の運転などは危険ですので絶対にしないでくださいね。

レーシック合併症その6 夜盲症

レーシック重度の合併症として、夜間の視力が著しく低下する場合があります。