beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫メタボ症候群 腹囲

メタボ 腹囲の基準

メタボの人の腹囲の値、改善法などについて


メタボ症候群の増加

現在、特に中年の方にメタボ症候群の方が急増しています。数が増加しすぎて、メタボ症候群が「一般化」している程です。

メタボの人の腹囲の値

メタボの人の基準の一つとなる、腹囲ですが、これは男性85cm、女性90cmとされています。腹囲に加えて、血糖値、高血圧、高血清脂肪などがいくつか合併すると、メタボ症候群と判断されます。

メタボ、腹囲の出っ張りは危険?

腹囲の値はいかがでしたか?腹囲が基準値を超えていた方はメタボに警戒したほうがいいと思います。メタボの怖いところとしては痛みやつらさが表に出にくく、後々酷い状態になってから苦しむことが多い点です。そのため、悪化するまでそのままにしておいてしまったりして対策を取らない方が多いのが現状です。勿論、悪化してからでは治療は難しく、大変です。 腹囲もできるかぎり基準値以下にしておいた方が良さそうですね。

メタボ 腹囲を減らすには

腹囲を減らすには、カロリーを抑えることを意識するのがまず第一だと思います。おすすめは野菜ですね。大きい皿いっぱいに食べても100カロリー以下で済む場合が多いです。 仕事の関係上外食に頼らざるを得ない方は、せめて肉料理などよりはそばなど健康に良さそうなものを、かつ肉がのっていなくきゅうりやわかめなどが多く盛られたおそばなどが腹囲を減らすのに少しは役立つかと思います。食べる量も少し少なめを心がけましょう。

メタボ 腹囲を減らす方法 その2

カロリーの控えめな食事を心がけたら、さらに運動をプラスすると効果的です。おすすめはランニングやウォーキングなどの有酸素運動。短距離を走るのよりは長距離をゆっくりでも運動した方が腹囲は減ると思います。太っている長距離選手がいないことが示している通り、有酸素運動は脂肪を燃やしますので、腹囲を減らすのにはGOODだと思います。