beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫レーシック 危険性

レーシックの危険性は?

レーシック手術の危険性の有無などについて


ゼロではない、レーシックの危険性

レーシックという近眼矯正の手術が人気を呼んでいます。レーシックはリスクが少ないという点が魅力的ですが、手術である以上危険性もゼロというわけではありません。流石に失明まで至ることは限りなくゼロに近いとしても、乱視などの症状が出る場合があります。

レーシックの危険性その1 乱視

クリニック側のテクニックや最新の機器かどうかなどによってレーシック後に乱視の症状が出る危険性があります。手術後数ヶ月で直る人も居るようですが、重度の乱視になり訴訟にまで発展したケースもあります。

レーシックの危険性その2 合併症

レーシックではハロー現象やドライアイなどの合併症を引き起こす可能性があります。一概には言えませんが、これはクリニックの技術も大きく関わってくるようです。

レーシックの危険性3 細菌感染

レーシックで後しばらくは細菌感染を防ぐため極力目に負担を掛けない生活が強いられます。手術後はお風呂などには入れませんし、しばらくは仕事や車の運転も控えなければなりません。女性であればアイメイクなどもできなくなります。もしも細菌感染などを起こしてしまった場合は、失明は有り得ないとは思いますが、治療には長い期間が必要になる危険性があります。

レーシックの危険性4 将来どうなるかわからない

レーシックはまだ比較的歴史の浅い手術法です。ですので、これから先数十年単位で見てみてると、現在では発見されていない危険性が潜んでいる場合があります。若い内に手術を受けて、老後もそのままで居られるかはまだわからないということです。