beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫レーシックの後遺症

レーシックの後遺症

レーシックレーザー手術での後遺症について


レーシックとは

レーシックとは近視を矯正するための手術方法で、目にレーザーを当てて治療を行う手術のことです。手術の中でも成功率がかなり高く、リスクが少ないことが人気を呼んでいます。ただ、レーシック手術後の後遺症やリスクもゼロでは無いので、それらについて簡単に述べておこうと思います。

レーシックの代表的な後遺症

ハロー現象・グレア現象
明るい光が非常に明るく見えたりする現象のことです。殆どの人がレーシック手術後数ヶ月で治ると言われていますが、一部の人ではこれらの後遺症が残る場合があるようです。

コントラストを見分けづらくなる
色の明るさや暗さの差が少しわかりづらくなる場合があります。色彩関係の職業に就いている方は気をつけた方がいいかもしれません。

乱視
医師側の技術が不十分だったり、手術機器が最新のものでなかったりすると乱視の後遺症が残る、もしくは乱視の後遺症が後々出てくる場合があります。

ドライアイ
レーシック手術後数ヶ月はドライアイの後遺症が残るケースが結構あるようです。ただ、殆どの人が問題無く治っているようですね。

フラップがはがれる
後遺症に分類されるかどうか微妙ですが…レーシック手術後に激しいスポーツや交通事故などに合うと、レーシックの際に作られるフラップというものが剥がれる場合があります。

以上、思いつくレーシックの後遺症を挙げていきましたが、殆どの方は後遺症に永遠に悩まされるということは無いようです。どちらかというと、裸眼で生活できるまで視力が回復せずに、手術が無駄になったということを悩む方の方が多いようです。

レーシックの本場アメリカでも、後遺症に悩まされて訴訟を起こしたという事例は聞いたことがありません(私が聞いた事のないだけかもしれませんが。視力が思ったよりも回復しなかったことが原因の訴訟はあるようです)。日本でも、技術の低かったり機器が古い所を選ばなければ、後遺症に悩まされることは殆ど無いと思います。クリニック選びはレーシックの後遺症を防ぐ重要なポイントとなるので、慎重に行ってくださいね。