beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫メタボと判断される診断基準

メタボの診断基準

メタボ症候群の診断基準について


メタボとは

メタボとは、略さないで言えばメタボリックシンドロームと言い、ある生活習慣病などの症状が出ると、他の症状も合併してでやすくなるという症候群のことを指します。現在、日本だけでも2000万人程度のメタボ症候群&予備軍が居ると言われており、これは今後も急速に増加し続けると言われています。つまり、メタボ問題は重大な社会問題と言えます。

メタボの診断基準

メタボの診断基準はまず腹囲が男性で85cm以上、女性で腹囲90cm以上と言う条件に加えて、血清脂質異常、高血圧、血糖値異常のうちから二つ以上該当する場合、メタボと判断されます。

メタボの診断基準その1 腹囲

メタボ診断基準の必須項目となっているのが腹囲です。特に中年の男性は腹囲の出っ張っている方が多いので注意が必要です。

メタボの診断基準その2 血清脂肪異常

血清脂肪異常の診断基準は、中性脂肪150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値が40mg/dL以下の両方、もしくは両方に当てはまる場合です。

メタボ診断基準その3 高血圧

高血圧の診断基準は収縮時の血圧で130mmHg以上、拡張期の血圧で85mmHg以上のいずれか、もしくは両方に該当している場合です。

メタボ診断基準その4 血糖値異常

血糖値異常の診断基準は空腹時の血糖値で110mg/dLを超えた場合です。

条件を満たすとメタボと診断されますが、勿論該当する項目は少ない方がリスクは少なく済みます。日頃から運動や食事などに気を使ってください。