beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫レーシック手術で失明の可能性は??

レーシック手術での失明について

レーシックで失明する可能性はあるかどうかなど


レーシックで失明する可能性は?

目に直接レーザーを照射するという、一見かなり目に悪そうなレーシック手術。なんか失明の危険性とかが気になりますが、実際の所はどうなのでしょうか。

どうやら、レーシック手術自体で失明したという人はほとんどいないみたいです(というか居ないかも。私が探した限りでは居ませんでした)。これは、レーシックという手術自体が目の角膜部分に作用する、つまり非常に浅いところまでしか行わないので、レーシックで失明のリスクは殆ど無いようです。

レーシックよりも、コンタクトの方が失明のリスクが高い?

一概には言えませんが、実はレーシックよりもコンタクトの方が失明のリスクが高い場合があります。コンタクトは敏感な目に直接つけるものですから、もしコンタクトにばい菌や汚れが付いていれば、それが直接目に、それも長時間触れるわけです。目の病気を引き起こしてもおかしくありませんね。手入れの際に使う薬剤なども、長期的に見れば目に悪い化学物質が入っている場合もあると思います。 なので、意外かもしれませんが、案外コンタクトでの失明のリスクは高いとされているのです。

ではレーシックを受けるべきか?

一概に受けたほうがいいとは限りません。レーシックには失明のリスクは少ないですが、後遺症などのリスクがまったくないというわけではありません。視覚の感覚が少し変になったり、技術の低いクリニックの場合は乱視などを引き起こしたという事例もあります。レーシック自体は優れた技術なので、利用する際にはよく調べたりしてから利用するといいと思います。

また、レーシックは永遠に高い視力を保障するものでもありません。失明のリスクは低いですが、再び近眼に近づく可能性はあります。