beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫レーシック 再手術

レーシック再手術の可能性

意外と多い、レーシックで再手術をする割合


意外に多いレーシック再手術の割合

リスクも少なく裸眼で見えるほどの視力が手に入るレーシック。そんなレーシック手術ですが、意外と再手術を受けている方がいらっしゃることをご存知でしょうか。レーシックを受けた方の数%程度の方がレーシックの再手術を受けています。大体20人〜30人に一人程度の割合で再手術を受けていることになりますね。これは何故なのでしょう。個人的な見解ですが、いくつか理由を考えてみました。

再手術の理由1 レーシック術後の視力の低下

再手術の一つ目の理由として、レーシックを受けた後に視力が下がり、再び近視に戻ってしまったというパターンが挙げられます。主な原因は目の酷使によるものです。手術後視力が戻ったからといって目を酷使するのはおすすめできません。定期的に目を休ませたり、睡眠を十分に取ったりしてください。

なお、目を酷使しなくても視力が低下する人もいるようです。これは、いくつか理由が考えられていますがはっきりとは原因がわかっていないようです。

再手術の理由2 レーシックで思うように視力が回復しなかった

次に挙げられる原因は、裸眼で物がはっきり見えるほど視力が回復しなかった場合です。これは何故起こるかというと、レーシックの手術はやりすぎると修正が効かないため、比較的限界の手前で手術を終える場合などがあるからです。このため、強度の近視の方の中には裸眼で生活ができるほど視力が回復しない場合があるようです。

再手術の理由3 レーシック後はメガネやコンタクトの効果が薄れるため

うろ覚えですが、レーシック後はメガネやコンタクトの視力矯正がうまくいきにくくなる場合があるようです。このような状態で視力低下が起こってくると、結局はレーシックに頼るしかなくなるわけです。これは、レーシックの欠点の一つと言えるかもしれませんね。

このようなことがありますので、技術と機器のしっかりとしたクリニック、もしくは再手術を無料で行ってくれるクリニックなどを選ぶといいと思います。

また、クリニックの機器の新旧によっては乱視などの後遺症が残る場合もあるようなので、しっかりと説明をしてくれて、施設も充実しており、信頼できる所を慎重に探してみてください。