beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫離婚調停

知っ得情報!!離婚調停について

離婚調停の情報、離婚調停を有利に進める方法etc


そもそも離婚調停ってなに?

離婚調停とは、夫婦間で話し合ったけれども意見がまとまらない時などに利用する家庭裁判所の調停のことです。離婚の裁判には調停前置主義といって離婚調停を先に行わないと 裁判に持っていけないという決まりになっています。離婚調停は調停委員という人を含めた話し合いと考えていいと思います。夫婦で合意しないと離婚まで持っていけない点と、 離婚調停には強制力が無いという点などが離婚調停の特徴です。

調停委員とは

調停委員とは、離婚調停の際に二人の間に入って話を聞く人で、男女二人ずつ居ます。弁護士の資格や離婚などの紛争解決に長けた人、優れた人格を持った人物などが選ばれている ようです。 ただし、調停委員は限られた少ない時間の中で二人の話を聞いて物事を判断しなければならないので、多くの人には冷たい印象を与えがちなようです。

離婚調停のメリット

離婚調停には時間と少しのお金が掛かりますが、勿論メリットがあります。それは、離婚調停で合意に至った場合、その内容を記した調停調書というものが作成されますが、調停調書に 書かれたことは強制執行も可能となります。つまり、離婚調停で合意した養育費などのお金は、必ず払ってもらえるということです。普通に話し合っただけでは、その後相手方の気が 変わった場合などには支払いを義務付けることはできません。

離婚調停のメリット その2

離婚調停では実際に夫婦が顔を合わせるということはありません。一人一人調停委員と話し合う形式で、待合室も別に用意してあります。また、ドメスティックバイオレンス(dv)などで 現在相手方から隠れている場合などにはその事を先に伝えておけば時間をずらしてくれます。このことで相手の顔も見たくない!という方や暴力などを避けながらも離婚の話合いの 機会を設けることができます。

平和的解決も有り得る、離婚調停

離婚調停は必ず離婚の方向に進んでいくというわけではありません。夫婦間の関係を改善するために離婚調停を開いてもいいのです。いわゆる、 「円満調停」というやつですね。実際に夫婦の絆を修復したいがために離婚調停を開く人や、家を出て行ってしまった配偶者とやり直したいという方達も利用しています。 話し合いの場を作ることができるので、少しお金は掛かりますが円満調停を利用するのも一つの手ですね。

離婚調停を有利に進めるには

相手方の態度や行動によっては、離婚調停が不利に進むこともあります。例えば、配偶者の浮気などが離婚の原因なのに、配偶者がしらばっくれている場合などです。こういった 場合離婚調停は平行線をたどる場合が多く、離婚調停が無駄になってしまう可能性があります。 こういったことを防ぐために、例えば浮気などであれば相手が浮気したという事実が揺るがないものになるために、離婚調停前に物的証拠などを用意しておいてください。 また、離婚調停に望む際には感情的にならず客観的に調停委員にデータを伝えることが大事です。そのためにも日頃の配偶者の冷たい態度や対応、その他養育費などを何故 この金額を払ってもらう必要があるかなどをノートなどにデータとして書いておくといいようです。

離婚調停を有利に進めるには その2

善悪がはっきりしていないと調停委員は中立な立場に居ることが多いので、必ずしもあなたの見方をしてくれるわけではありません。逆に、配偶者の態度やあなたの態度などによって 不利になることすらあります。そんな時でも、激を飛ばしたり口汚く相手を罵ったりしないでください。そういった行動はさらに状況を悪化させます。あくまで紳士的に、かつ 客観的に離婚調停を進めることが大事です。また、離婚調停の最中には社会人らしく身だしなみを整えておいてください。

離婚調停の手続きの仕方

実際に離婚調停を行う為の手続きの方法です。まずは離婚調停申立書が必要になります。これはどこの家庭裁判所の窓口にも置いてありますので、近くにある家庭裁判所で 手に入れてください。離婚調停申立書の必要事項を記入したら、配偶者と同居している場合は同居している住所地の家庭裁判所へ、別居している場合は相手方の住所地の 家庭裁判所へ書類を提出してください。その際には戸籍謄本と印鑑が必要となります。その他前に述べた離婚調停を有利に進めるための書類などがあればそれも一緒に提出してください。