beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫にんにくのにおいを抑える

にんにくのにおいを抑える方法

健康にはいいけれどにおいが気になる、にんにくのにおい抑制方法など


にんにくのにおいの原因は

にんにくのにおいの原因物質はアリシンという物質です。これは、にんにくに含まれるアリインという物質が空気に触れると発生します。

にんにくのにおいを減らすには

にんにくのにおいを減らすには、アリインがアリシンに変わるのを極力抑えればいいわけです。アリインやアリシンは酵素という物質に分類されており、この酵素は非常に熱に弱く50℃程度で化学反応を起こせなくなります。

つまり、できるだけにんにくを空気に触れさせないで十分に奥まで熱を加え、それから刻んだりすりおろしたりすればいいわけです。

実際ににんにくのにおいを抑えるためには

そこで、刻んだりすりおろしたりしてアリインが空気に触れないように気を付けながら、にんにくを電子レンジに入れてしまいましょう。電子レンジは加熱にムラが出来やすいので、酵素の生きている部分がないように長めに加熱するといいと思います。

にんにくの加熱が終わったら十分に冷めてから刻んだりして料理に使いましょう。加熱することにより生で食べた時と比べてはるかににおいが抑えられているのが実感できるとおもいます。ただ、やはりにおいゼロというのは難しいですね。

にんにくのにおいを抑える食べ物

一緒に食べることでにんにくのにおいを抑えてくれる食べ物もあります。代表的なものとして牛乳、緑茶、、コーヒー、リンゴなどがあります。これは、牛乳などに含まれる成分が、にんにくのにおいを発する成分を包み込むからだと言われています。なので、これらの食べ物をにんにく料理と一緒に摂ると少しはマシになると思います。