beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫にんにくの食べすぎ

にんにくの食べすぎは害?

にんにくの食べすぎによる害について


にんにくの食べすぎは体に良くない?

非常に高い薬理作用や殺菌作用、その他ビタミンB群など優れた栄養が認められているにんにくですが、食べすぎると逆に体に良くない場合があります。

にんにくの食べすぎが良くないワケ

生のにんにくは非常に刺激が強く、胃腸を荒らしたり、悪玉菌と共に善玉菌までも殺菌してしまったりします。また、舌の機能を麻痺させて、より刺激と味のの強いものを求るようになりやすいので、肥満や生活習慣病などの原因となる可能性もあります。加熱したにんにくは生のにんにくよりも刺激は弱くなりますが、それでも食べすぎは禁物です。特に幼児や消化器官の弱い人などはダメージを受けやすいです。

にんにくの食べすぎな量は?

生のにんにくで一日1片、加熱したのでも一日3片程度に抑えてください。それ以上食べると食べすぎと言えます。

食べすぎは嫌だけど、にんにくの栄養をたくさんとりたい…という方は黒にんにくというものがおすすめです。これは、にんにくを発酵させたもので、通常のにんにくと比べて栄養が数倍から多いもので10倍以上になっているものです。これなら少量でいいので、食べすぎる心配もありませんね。

黒にんにくに興味がある方は通販などで手に入れることができます。少々値が張りますが食べすぎを防ぎたいと思っている方は是非参考にしてみてください。