beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫皮膚がんと紫外線の関係

皮膚がんと紫外線

皮膚がんと紫外線の関係・皮膚がんの特徴・なりやすい人


増え続ける皮膚がん患者

年々、皮膚がんにかかる方が増えています。元々は皮膚がんは白人に多く日本人は少なかったのですが、最近は日本人で皮膚がんになる方が多くなっているようです。

日焼けは皮膚がんの元

紫外線を大量に浴びて真っ黒に日焼けをすると確かに見かけがよくなるかもしれませんが、皮膚がんのリスクを非常に高めることになります。

若いうちは皮膚がんを抑える力が多く残っているのですが、高齢になってくると若いうちに無理したツケがまわってきます。

紫外線を浴びて皮膚がんになりやすい人とそうでない人

白人が皮膚がんになりやすいということを述べたので紫外線を浴びて皮膚がんになりやすい人というのは想像できているかもしれません。 皮膚がんになりやすいのは肌が白く、紫外線を浴びても黒くならず、肌が赤くなってしまいやすいタイプの方です。

このような方は、皮膚がんのリスクが高いと言えますので、「日焼け止めなどで紫外線対策をする必要があると言えます。

逆に、紫外線を浴びると皮膚が赤くならず、すぐに黒くなると言う方は皮膚がんのリスクが少ないとされています。