beautiful&healthy life style (ビューティフル&ヘルシーライフスタイル)≫紫外線散乱剤の特徴、吸収剤との比較

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤の特徴、メリット、デメリット


紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤とは、日焼け止めの一種です。紫外線を拡散させる効果があり、UVカットに効果があるとされています。

紫外線散乱剤の成分は酸化チタンなどです。

紫外線散乱剤のメリット

紫外線散乱剤のメリットは肌に優しい事。同じく日焼け止めの紫外線吸収剤よりも優しく、肌が敏感な方でも使用できる場合が多いです。

紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤のデメリットは、肌が白くなったり重々しく見えてしまったりとしてしまいます。

他にも、紫外線吸収剤と比べて長時間の使用は向いていないといった点が挙げられます。

肌が弱い方が紫外線散乱剤を選ぶ時の基準は、吸収剤を配合していないことを明記しているものや、ノンケミカルと表示されているもの、そしてSPFやPAの値が高すぎないことです。SPFやPAが高くなればなるほど日焼け止め自体の肌への負担は大きくなります。少ないSPFでも日本で通常の生活をする分であれば問題ありません。